読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qのサッカー時々レビューの日々

Jリーグ・日本代表関連についてつらつら語るブログです。

【2017】j2第2節グランパスvs岐阜 パスサッカー対決の結末はパワープレイ?

f:id:dannmaga:20170225220642j:plain

どもども久々です。Q士郎です。

今回ハリルホジッチ監督が視察する予定だった浦和VSセレッソの試合を観戦しようかと思ったのですが、前節の試合のセレッソの塩試合に加え清武選手は今節も欠場。また最近の浦和の好調ぶりを考えれば、ほぼ浦和が勝つだろうなーと考え別カードに。

たまにはj2でも見てみるかーと対戦カードを探っていた時、今季独特のショートパスサッカーを趣向とする大木監督が就任した岐阜と革命と呼ばれる攻撃的パスサッカーを趣向する風間監督率いるグランパスの対戦カードがあると知り、観戦を即決。

岐阜は去年下位に沈みながらも前節ポゼッションが60%を超え大木監督就任効果が早速現れており、対するグランパスも前節はクラブ史上初のj2の試合2-0で勝ちを収めています。

そんな2チームが激突したj2第2節グランパスvs岐阜の感想に入っていきたいと思います。

 

グランパス1‐1岐阜

【試合概要】

試合は予想に反して序盤からアウェーの岐阜のペース。
岐阜はワンサイドに選手を寄せ、数的優位を作りだし、そこからショートパスを繋ぐ大木サッカーを前面に押し出し、個で勝るグランパスを圧倒。シシーニョ選手を起点に両サイドの田中パウロ選手や古橋選手の突破から度々チャンスを得る。

対するグランパスは、永井選手の個人技による突破で攻勢に出るも単発に終わる。ホームでありながら中盤を圧倒的に支配される苦しい展開が続くもフィニッシュの場面では、決定的な場面を作らせず0-0のまま後半へ。

後半徐々にラインを上げ、中盤での支配権を取り戻しつつあったグランパス
しかしその隙をつくように中盤でボールを奪ったシシーニョ選手が素早く展開。そのボールを田中パウロ選手が右サイトからドリブルで切り込み、カットインからのシュート。これが決まり岐阜が1点を先制。

その後、DFのヘニキ選手を中心にグランパスの攻撃を防ぎきったかと思われた岐阜。しかし試合終盤、身長199㎝のFWシモビッチ選手を投入しなりふり構わぬパワープレイで攻めてきたグランパスの前にセットプレーから1点を献上し、結果はドローに終わる。

終始試合内容で圧倒したものの、最後はグランパスに選手層の厚さを見せつけられる形になった。

【名古屋】

正直試合内容としてはかなり悪いと思います。田口選手の怪我が影響しているのかも知れませんが…ボランチサイドハーフの距離感が悪く、ボランチはほぼDFラインに吸収され、中盤がサイドハーフ二枚だけになっていたので常に数的不利を作られていました。

また中盤にボールを捌ける選手が不在なため、2トップの一角である佐藤寿人選手は下がって受ける場面が目立ち、本来得意な形である裏への飛び出しは殆ど見られず精細を欠く場面が目立ちました。正直途中から入ったシモビッチ選手をスタメンにした方が、今のチーム状態には合うんじゃないでしょうか。

まぁそれでも昇格争いには絡んでくると思いますけどね。途中出場の3人が全員外国人選手。そんな事をできる選手層を持っているのは名古屋だけですし笑

選手層は問題ないだけに、元々時間がかかると言われている風間監督のサッカーが、どれ位の速さで浸透するかがポイントになりそう。

【岐阜】

岐阜に関しては早くも大木サッカー全開でしたね。選手同士が接近し、狭いエリアで連動してパスコースを作りだし、そこから展開し打開する。ちょっと捻くれた言い方をすると…ハリルホジッチ監督が見たら多分ぶち切れそうなサッカーです笑
面白いんですどね。ショートパスでつなぐサッカーが好きな方は是非一度見てほしいです。

そんな大木サッカーの中で、今日一番輝いていたのがボランチシシーニョ選手。正直j2レベルの選手ではなかったですね。
圧倒的な運動量を生かしたファーストディフェンスの速さ、カバーリングの範囲の広さ、展開力やテクニックはどれをとっても一級品。
現在徳島にいるカルーリニョス選手が、大宮にいた頃に近いと言えばイメージしやすいでしょうか。

またDFの中心ヘニキ選手、両ウイングの田中パウロ、古橋選手等、個々に目を見張る能力がある選手が揃っていました。それだけに最後のフィニッシュに絡む質の高いCFの不在が悔やまれますね。そこさえクリアできれば上位進出も見えてくるんですが…

元々大木監督のサッカーは運動量がかなり豊富なので、夏を迎える後半にかけて失速する傾向があります。選手層など考えると夏前までにどれだけ勝ち点を稼げるかがポイントになってきそう。