読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qのサッカー時々レビューの日々

Jリーグ・日本代表関連についてつらつら語るブログです。

【2017】第1節C大阪VS磐田 C大阪の鳥栖化?磐田のマリノス化?

f:id:dannmaga:20170225220642j:plain

 

というわけで今日はもう一記事。

横浜FMの試合が素晴らしかったので、去年まで主力だった中村俊選手が移籍した磐田はどんなものなんだろうと思い、鹿島vsFC東京戦を前半だけ見て磐田vsC大阪に鞍替え。

C大阪は清武選手が怪我で出場せず。しかし柿谷選手、杉本選手、山口選手などのタレントが揃っていたので、良い試合を期待していました…うん
今回試合概要については結構適当かも知れません。ご了承を。

 

そんなわけで試合の感想を書いていきたいと思います。

 

C大阪0‐0磐田

【試合概要】

前半はC大阪ペース。ボールを取られてもすぐに取り返し、サイドからアーリークロスをあげチャンスを作る。対する磐田は中村俊選手がフリーマンになって積極的にボールに絡んでいくが、1トップの川又選手のところでボールが収まらず中々シュートまで結びつかない。そんな状態のまま前半終了。

 後半に入ってもセレッソはとにかくクロスを放り込み稀にカウンター。磐田はゴール前でファールを積極的にもらいにいく、またCKからも得点を狙いにいこうという姿勢。そして特段見どころの無いまま試合終了。

 

C大阪

切り替えの、帰陣の速さは去年とは比べ物にならないほど改善。

磐田が攻め込んでも常にゴール前付近に5人以上いたし、相手の1トップの川又を完全に孤立させる守備は、さすがユン監督が指導しているだけあるなと。

ただあれだけ豊富なタレントを揃えながらクロスが少し多いのでは。たまーに柿谷選手がアイディアを見せる場面もありましたが、基本クロスでした。

鳥栖時代に同様のサッカーで名を馳せたユン監督。その時は豊田選手というターゲットマンがいましたがC大阪では恐らく、杉本選手に、その役割を期待してるんでしょう。(どこかの記事で杉本選手の残留を熱望したと書いてた記憶があります)

ただ杉本選手は去年2列目で得点を挙げていたように、どちらかといえば足元でもらって輝く選手なので…うーん清武選手が入れば、また違うんでしょうが。ただ守備に関しては見事に整備されていたので降格はほぼないとみていいですね。

 

【磐田】

むしろ重症なのは、こちら。

奪う位置が低くいので、カウンターに移れない。1トップと2列目の距離が開きすぎ、サイドの選手が足元で貰いたがり裏へ抜けない、SBの選手が高い位置をとれない、3列目の飛び出しが無いので横パス・バックパス以外、選択肢がほぼ無し。

そうやって攻め手がなくなると、サイドのアダイウトン選手の単独突破かゴール前付近で積極的にファールを狙いにいき、中村俊選手のFKに期待するしかなくなってしまいます。

↑の文章のアダイウトン選手の部分を斎藤学選手に置き換えると悪い時のマリノスの状況と、あんまり変わらないのが恐ろしいところ。

また今日1トップで起用された川又選手は、フィジカルは強いんですけどポストプレーヤータイプの選手ではありません。

基本的に裏に抜けたりスピードを生かすタイプの川又選手を1トップに起用すると、裏に抜けようとして相手DFライン付近で張り2列目との距離が開いてしまい孤立する事が多々あり、今日もそうでした。

そこで中村俊選手が、それをカバーしようと近くでプレーするとフリーでボールが中々触れなくなり、ロストが増えるという悪循環。

カミンスキーがいるから勝ち点はある程度拾えるかもしれませんが、この試合を見ると中位より降格圏の方が近いとは感じました。