Qのサッカー時々レビューの日々

Jリーグ・日本代表関連についてつらつら語るブログです。

【2017】j1第1節浦和vs横浜Fマリノス マリノス攻撃陣はJ屈指になる可能性大?

f:id:dannmaga:20170225220642j:plain

 

どうもQ士郎です。

J1開幕しましたねー今日は2試合見る事が出来たので、2記事書いていこうと思います。

まずは思わぬ番狂わせとなった浦和vs横浜FM戦の感想から。

 

横浜FM3-2浦和

【試合内容】

前半ホームのマリノスが序盤から高い位置で激しいプレッングを仕掛けます。
攻撃時の4-5-1、守備時は4-4-2のブロックを形成し、2に入った富樫選手とバブンスキー選手の猛プレスが印象的でした。勢いそのままにマリノスは前半、斎藤選手の仕掛けからバブンスキー選手がペナルティエリア外から華麗ミドルを突き刺し先制。

対する浦和も持ち前のパスワークでマリノスを攻め立てますが、いつも効果的なパスを配給するDF陣か激しいプレスを受け、パスコースを限定されてしまい中々リズムにのった攻撃が出来ません。それでもボールを支配し、決定的なチャンスを何度か作りながらも決めきれず、1-0のまま前半終了。

 

しかし後半、明らかにオーバーペースだったマリノスは前線からのプレスが全くかからなくなりDFラインがズルズル下がり浦和の猛攻を受け始めます。そしてR.シルバ選手の個人技とGk飯倉選手の判断ミスで短時間で二点が浦和に入り逆転。

そこでマリノスは前半から精力的に動いていた富樫選手に変えて、ウーゴオリヴェイラ選手。バブンスキー選手に変えて前田選手をピッチに送り出します。この采配が的中。

ウーゴヴィエイラ選手が積極的に裏に抜ける動きをみせた事で、浦和のDFラインが下がりはじめ、少しずつマリノスがペースをつかんでいく。そしてその流れから得たセットプレーをウーゴヴィエイラ選手が決め同点、更に後半アディショナルタイムには斎藤選手の突破から前田選手がゴールを決め、逆転に成功。そのまま試合終了。

 

【浦和感想】

浦和はACLの疲れもあってか後半の最後の方はガクっと運動量が落ちていましたね。戦術的には去年より中央突破が増えたかなという印象。新加入のR.シルバ選手が結果を残しましたし、単純な能力だけでいえば今年も優勝候補なのは間違いないので…まぁ今日の負けは、マリノスが良かったというものありますし、いつもの敗戦と変わらないパターンなのであんまり気にする事は無いのかなと。

ただゲームの主導権を握っている中で攻撃的な選手を変えて守りの選手を入れて主導権を手放してしまい逆転されるパターンがペドロヴィッチ監督以降凄く目立ちますね。正直今日は監督の采配の差で負けてしまったかなーと。

 

横浜FM感想】

今年中村選手・兵藤選手などチームを支えてきたベテランが流失し降格が囁かれていましたが、この試合見る限りその心配は全くなさそう。トップ下のバブンスキー選手は今日のゴールのようなテクニックもそうですが、運動量も豊富で凄く好印象。浦和相手という事もありボールタッチがあまり無かったが残念ですが、今後ボールを持たされた時にどういうプレーをするかに注目していきたいですね。

ウーゴヴィエイラ選手も裏抜けの意識やフィジカルの強さが目立ち、セットプレーでも得点を決めて結果を残し今後スタメンに名を連ねてくる機会は増えそう。ウーゴヴィエイラ・マルティノス・バブンスキー斎藤学の前線はJ屈指の攻撃陣になる可能性大です。

ただ心配なのが遅攻になった時に中々良い縦パスが入ってこないという所。ここはずっとジェビロ磐田に移籍した中村選手に頼っていた部分が大きいのでしょうし直に改善という訳にはいかないでしょう。新加入の扇原選手等がフィットしてくると面白いんじゃないかと。

 

総評として素晴らしい一戦でした。次節もFマリノスの試合を追っかけたいと思います。